ホーム一般社団法人睡眠スパ協会

【一般社団法人睡眠スパ協会】

協会概要

当法人は、健康増進、健康リスクへの予防活動及び主として睡眠から健康の増進と健康に関する全ての水準が向上することを目的とし設立しました。

生活習慣の乱れ、スマホ・PCの日常化により現代人の健康の質をはじめ睡眠の質は日々低下し続けています。

『睡眠の質』の低下により心身の病気のリスク増加・美容力の低下に大きく影響し続けています。

現代人に最適な睡眠知識・方法と質の高い睡眠今後の予防活動の要になります。

時代と共にライフスタイルや生活習慣の進化を図らなければなりません。

睡眠スパ協会は正しい睡眠の知識はもちろん、時代・科学・医学の進化と共にただの睡眠ではなく『進化した睡眠技術』で睡眠に悩む方、家族を心身共に高い水準の健康を手にしていただきたいと考えています。

 

理念

高い質の睡眠は技術です

『質の高い睡眠の日常化』をテーマに

「自分自身で睡眠をコントロールできる」睡眠技術と

「いつでも質の高い睡眠を体験できる睡眠スパ」を広げ多くの方に毎日の睡眠ライフを快適にできるようにしていきます。

 

活動内容

(1)睡眠スパマイスター認定

(2)上記目的に関するマイスター認定

(3)人材育成のための教育事業

(4)学術集会の開催(セミナー・イベント等)

(5)睡眠、健康、美容に関する情報提供及び出版

(6)その他前各号に掲げる事業に附帯又は関連する一切の事業

 

睡眠スパマイスター

・初級睡眠スパマイスター

・上級睡眠スパマイスター

・認定睡眠スパマイスター

資格詳細

 

睡眠セミナー

基本編~応用編

セミナー詳細

組織名

一般社団法人睡眠スパ協会

 

住所

〒143-0014  東京都大田区大森中2丁目2番地18-509

 

電話番号

090-5598-8134

 

登記年月日

2018年3月6日

 

役員名簿

代表理事 金沢優治 PSC代表
監事・特別顧問 石田泰之 225社を超える
社外取締役・顧問
理事 小林晃洋 株式会社アルガイア
代表取締役
株式会社ファーマブル
代表取締役
理事 前田陽平 me-mo株式会社
代表取締役社長

自己紹介

PSC~Pleasant Sleep Club~
プレゼント・スリープ・クラブ
代表  金沢 優治

経歴

10年以上都内を中心に美容師として働き、美容と健康の知識を学び、ヘアケアマイスターの資格を習得。
自身も睡眠障害を経験。通院するも根本的な解決に至らず悩みながら独自に睡眠リテラシーを増やし少しずつ独自に改善。
その後睡眠の重要性と美容と健康に不可欠な要素を確信し独立し睡眠健康指導士の資格を習得。
その時の経験、睡眠指導士の知識と美容師時代の経験と知識を活かし頭と睡眠に特化したヘッドマッサージ(睡眠スパ)を開発。
現在は認定睡眠スパマイスターとして活躍中。

 

認定睡眠スパマイスターとは

絶対に眠らせる『睡眠スパ』
ライフスタイル・ワークスタイルに合わせた『睡眠コンサルティング』
正しい睡眠リテラシーを広げる『睡眠セミナー』
ができる一般社団法人睡眠スパ協会の認定資格。
個人・法人問わず睡眠に悩みを抱える方から無意識下で問題のある方々に改善活動を行っています。

HPをご覧の皆様、ご覧いただき誠にありがとうございます。
元美容師と言う異色の経歴ですがその経歴と自身の睡眠障害克服と言う経験を生かし同じような悩みを抱えている方を始め、健康になりたい、綺麗になりたいなど最高の毎日を生きたい方々へ睡眠を中心に様々なサポートさせていただきます。
多くのリスクが増え続ける世の中を乗り切るために睡眠負債を溜め込んで寿命を縮め生活するのは非常にもったいないです。
今後の現代社会で様々な働き方や多くのストレス、疾病リスクが増える中、今も昔も変わらない眠りを、現代の眠り方にアップデートが必要となっています。
変化の激しい世の中だからこそ健康で快適に過ごせる手段の一つ睡眠が重要かつ急務と考えます。
今後の世の中にもっとも重要になっていくと強く確信しています。
テクノロジーが進化し、自分らしいライフスタイル・ワークスタイルが確立されていく中でスマホ・PC・LEDライトなど必需品や過酷労働、ストレス社会などからくる現代社会の弊害はまだまだ計り知れないものです。
いち早く順応する社会づくりをサポートしていきたいます。

 

個人の方

自分は大丈夫なんて思っていませんか?
眠れているから大丈夫?いつでも眠られる?5~6時間眠れているから大丈夫?
本当にそうでしょうか?
毎日目覚ましを必要となく目覚めが毎日すっきり、日中に眠気に困らず体型を維持し、気分のだるさや体調不良に悩まされていないのであれば何も言いません。
どれか一つでも当てはまればもういい加減睡眠を見直していいのでは?
つらい毎日を早く脱却し自分流の『最高の休息』を手に入れてみませんか?

 

法人・経営者の方

働き方改革や健康経営が流行っていますが、効果は出ていますか?
生産効率が向上し、残業時間を減らし、社員の遅刻欠勤早退の減少、メンタル不調による長期休暇の減少、既存の社員が自慢したくなる、新入社員が働きたくなる、働いている社員のやる気が向上し、みんなが率先して出社したくなる会社作りに繋がっていますか?
睡眠の低下が経済損失15兆円、社員一人当たり約18,700円の損失になっていることをご存知ですか?
もう知らないでは済まされない時代です。
いつまで利益だけを求め無駄な損失を増やし続けますか?
そろそろ本格的に魅力ある会社作りを始めませんか?

顧問紹介

PSC~Pleasant Sleep Club~
プレゼント・スリープ・クラブ
特別顧問・監事  石田泰之

経歴

〇プロミス株式会社(1977年3月~2002年9月)

事業内容:消費者金融

本社入社後、岡山支店、大阪本町支店で現場経験を積み、管理職として京都支店長、本社店舗開発マネージャー、債権回収トレーニングマネージャー、東京、広島、香川・愛媛の営業部長を歴任。

34歳の時に支社長に就任。32支店350名余りの社員を擁し、東京23区中の5区、神奈川県全域、町田エリアを統括。

その後、44歳の時に本社 執行役員 企画部門長(営業統括部・営業企画部・新市場開発部など)に就任。

新サービスの企画、開発を行う。

・ 東西2箇所のコールセンター構築

 http://www.ric.co.jp/ct-japan/backnumber_ct/200210intvw.html

・地銀・流通会社・コンビニとのATM提携

・ 黄色い看板へのV・Iの実施

・ 他業種との提携カードの発行

・ 業界初の提携クレジットカード(JCB)発行

・ ネット時代を睨んだサイバーチャネルの開設

「ジャパンネットバンク」との業務提携

 

○ジーシー株式会社(2002年10月~2003年8月)

事業内容:信販業

管理本部・与信管理部 専務取締役に就任。

GECFへ会社売却し売却益をプロミス本体の早期希望退職金に充当する(約244億円)。

 

○海外業務 「プロミス・タイランド」設立(2003年8月~2004年2月)

事業内容:消費者金融

プロミス 総合企画部 執行役員 社長室長に就任。

 

○ アットローン株式会社(2004年11月~2006年1月)

事業内容:銀行系消費者金融

代表取締役 副社長に就任。

 

■株式会社メディカル・データ・コミュニケーションズ(2006年10月~2007年12月)

事業内容:医療データのデジタル化に伴う各種サービスの提供

メディカルカード事業部 兼 営業部 取締役 事業部長 兼 取締役営業部長に就任。

 

■株式会社クローバー・ネットワーク・コム(CNC)(2008年1月~2009年12月)

事業内容:主に金融機関の与信審査に係わる各種データベースの提供事業

取締役 副社長 兼 営業本部長、(株)全国不動産情報センター 取締役(CNC100%子会社)に就任。

 

■株式会社 ユーアイジャパン(2010年6月~2012年6月)

事業内容:システムインテグレータ、事業会社の営業支援、旅行事業、ネット事業

2010年6月8日設立 代表取締役に就任。

 

■ピー・エス・ピー株式会社(2012年7月~2013年6月)

事業内容:医用電子画像や診断レポートなどのソフトメーカー

営業部 部長に就任。

一部上場企業からベンチャー企業まで、現在183社の会社顧問(内2社 社外取締役)を

しております。

 

■(2017年6月~現在)

PSC~Pleasant.Sleep.Club~特別顧問に就任。

残された人生、人の喜ぶことを応援しよう、頑張っている人を応援しようと決意し、満52歳の時、30年のサラリーマン生活に終止符を打ちました。サラリーマン時代の金看板がなくなった途端に、蜘蛛の子を散らすように周りから人が去っていく中、ずっと励まし続けてくれたり、顧問先をご紹介してくれた方々がいました。その方々からいただいた愛や情熱が、今の自分を支えてくれており、頑張っている経営者を応援したいという気持ちから、現在、一部上場企業からベンチャー企業まで、現在142社の会社顧問(内2社 社外取締役)をしております。

私は顧問を引き受けるにあたり大切にしていることがあります。

 

1・好き嫌いで顧問先を選ぶ!

2・単に数合わせだけのマッチングはしない!

3・経営者と苦楽を共にする覚悟でやる

 

今までの経験で培った組織横断的な機動性や行動力、判断力、情報収集力などを長所とし、新規事業開発や新市場の開拓、またはマーケット分析、戦略立案などのジャンルには自信があります。

金融機関や不動産事業会社、不動産任意団体とも人脈が多く、一般社団法人睡眠スパ協会のさらなる発展に貢献したいと考えております。

お問い合わせ・ご予約